ブログトップ

釣りは遊びやでぇ~!

syaccyosan.exblog.jp

遊び心なき釣り人は、釣り人にあらず!

カテゴリ:鮭釣り:祭り( 68 )

爺さんまた噛んでるんでっか?

あっはっはっは世間は偉大な将軍様のご逝去に涙している

そんな時に何も爺は噛みませんわいな あっはっはっは。

けど噛んだのは事実で

何が噛んだかと申しますとですなぁ


あのどえりゃぁ強風の最中に

              ↑爺がよく使う「最中」これってMonaka いやSaicyuu

あっはっは Sanakaちゅういまんね まぁ Saicyuuでも良いかねぇ


ロッドが抜けて飛んでったら悲惨 で グイ グゥと最後の一押しがね

4ピースロッドが帰りには 3ピースロッドになって二週間

先週お師匠はんに何とか外してちょ と託しておりましたが


プロになって始めての経験おっしゃるほどの 深い噛みように

あの手 この手と 残るは 「見るな!」見たらショックを受けるでぇ~

そんな最後の手段も ・・・・・


バットに喰いついた3番目は昨日もそのままでした

お師匠はんから「ロッドのパーツは有るから 頃合見て作りますね!」

ひょっとしたら振っていたら抜けると思うと言われ

「なごみの湖本湖」に上がり 久しぶりにキャスレ&フィッシングとなった


管理棟でヘヤーズイヤニンフで釣れていたと聞き

即席でしたがフライの重量から普通サイズのオレンジの鮎目印8本を束ねて

ルースニングを開始しました

おかしい ベリーが撓んでるわ 4ヒロのティペットもターンしてない

やはり痛めている肩の影響か?


お師匠はんが向かいの第二桟橋から見てはりましたが

あっはっはっは 「爺さんアクティブストップ出来てへんなぁ!」



鮭釣りが始まる一月ほど前に度を越したキャスレで既に両肩と肘下に

痛みが出ていたので練習も途絶えたままでした


この歳

努力の割りに結果が出るのは遅いのですが

抜けるのは実に早いっす!!


そんなこんなで キャスレ&矯正レッスン&フィッシングとあいなり

帰り際

お師匠はんが どやろかなぁ 抜けんかなぁ?

と両手で握ったかと思ったとたんに「スッポン!!」

豪腕の客と引っ張りっこ 知り合いのプロ仲間にも相談されたとも聞いてました


振ってると緩むからね・・・・そんな田中さんのあみ出した解決法

「暫くは焦らずに使う」緩めば抜ける!!

あっはっはっは感謝感謝っす。。

 
[PR]
by hiramekijijii | 2011-12-19 16:48 | 鮭釣り:祭り
昨夜の夕食は食道で隣り合ったよしみで群馬の餌師お二人と

「ひょっとして二日酔い?」とまで話が弾み盛り上がりました

あっはっはっは。

時刻は22時ころでしたかすでに同室の隣人は爆睡でございました

差し入れのビールを頂きながら携帯電話の目覚まし時刻を4時45分にセット 

・・・・・・(寝入りを覚えておりません)・・・・

妙なものでセットした時間の僅か前に起きられる昨今 これが大人やでぇ~!

何時までも起きれんのは子供じゃけね~~~

今朝も大人の起床でしたが 外の気配が「変」グォ~~~ビュゥ~~~グワァ~~~ン

どえりゃぁ風に雨粒も落ちてきてますお空からからからから。。

隣人に肥をかけ大きく育てと起こします

まさか予定通りに出発せんと思ったら・・・・・行きます行きますピクピック、ヒェ~~~

昨日とは比べ物にならん暴風です 今日は河口側からの風です

受付ではお決まりの二日目の釣り人は即ゼッケンの交付です

一目散に釣り場に・・・・「Taichiさんうんこしたぁ~い!」

「えっ!」くそ爺さん宿でせんかぁ~~~い!!


あっはっはっは 釣り場を左岸の8番に雹も降ります 雨も降りますロッドは

ティップは下流に引かれ ミドルは風で上流側に湾曲 バットは下流に向けて

どないして当たりを取るんやろかなんて考えながら流しますが

皆目当たりはなく 先に車に戻っTaichiさんを追いかけると爺の後に入った餌師のロッドが

ギュイ~ンと曲がっております 居るんですね~~~~(汗)


「移動開始何処に行きたいですか?」「すし屋!」

いやいや釣り場でした「1番の最下流!」を所望し移動


川原のワゴン車にジョジョジョ女性が居るではないかぁ~~~い

本流餌の釣師ですレディ~スアングラ~ですぅ「うわぁお!」爺の好みっす

一言二言昨夜の宿での話題に笑顔を頂き釣りの開始です


「Taichiさんこの風で、どうして当たりを取るの?」

「こうしてこうやってこうすりゃ・・・ほらほらHit!」でっしょ

う~~~何と竿がグングン鮭やないかぁい

とラインを摘んで・・・根掛りか、ブッシュにもぐられたようで無念のバラシ


爺さん此処からあの赤いペットボトルの横にキャストね

で一回メンディんグして落ち着いたらそこから送って流してくださいね

で此処に来たら竿を立てて岸ギリで誘ってください・・・そこで釣れますよ!!


何度流したか数え切れません・・・ラインにテンションを掛けながら回収していると

グゥッグッ・・・・当たりやないかぁ~~~い


Taichiさんと同じところでHitやないかぁ~~~い

こりゃ坊主逃れ・・・・・・と・・・・・・・えっ・・・・・・・


同じ場所で同じく爺も根掛りやないかぁ~~~い


Taichiさんラインを摘んで根掛りを外しに行こうとしてますが、先に写真撮ってちょ~~~

バットから曲がって良い感じ

一枚二枚三枚も撮ってもらったかな


手繰り寄せた柳の枝にTaichiさんの毛鉤が付いてます、同じ場所です!

と・・・・・・えっ・・・・・白い紐が

あっはっはっは前日に釣れた鮭を草に結わいていたんですね・・・・誰かが

「爺さん確かに鮭付いてるけど、白いロープに掛かってますわ」

ちゃんちゃん!!
[PR]
by hiramekijijii | 2011-12-12 19:19 | 鮭釣り:祭り
相変わらず微妙な風邪気・・・やや頭痛気味でしたが

盟友のTaichiさんといつもの駅前の300円/日パーキングから出発です

何せ往復の工程1300キロ車での長旅では ドタキャンは許されません ですからね。

名神から北陸道魚津に立山でしたか過ぎて 交代です

相変わらず上越近くになると高速道路でのドエリャァ怖い横風に襲われ

車体幅近く振られる恐怖からスピードはグッと落とし時速は90を切るような安全運転でした。。

到着時の鮭釣管理棟近辺の路上には先客の車車くるま

雨こそ降っておりませんでしたが この強風下釣になるんかいな・・・・ふとよぎる不安でした

当日が初日の釣り人には事務所の注意を聞いたうえでゼッケンが交付され

各々一目散に釣り場に向かいます

上流からの烈風でしたから右岸の偶数表記の釣り場を探します

8番でしたかに入り順調に釣果を出すTaichiさんでしたが 爺には皆目当たりが取れません

ウェーダーの水漏れで靴の中はグチョグチョ冷え込んできます

靴下を履き替えコンビニ袋を左足に履き移動6番でしたかで釣るフライマンを横目に

2番そう最上流部に釣り場を変えました ここではTaichiさんから本流のマナーの伝授です

「俺はオレの釣り方で釣るんやぁ~~~!」名言&合言葉を再確認したのです

釣る方は この名言を実行されてる方たちなんですわ・・・・どんな釣り場でも特に手取では
(嫌味君再登場)

今回の釣行では鮭釣りと言っても「ここ荒川」は本流も本流

手取で釣ったからとそのテクニックだけでは釣れまへんのですわ

こう投げて こうメンディんグして

それもSTSならこうで 

シンクティップならこうでこう投げてと・・・・・

Taichiさんからのアドバイスに

「煩いわい、俺はオレの釣り方で釣るんヤ!」なんて言ったか言ってないか あっはっは。


しっかりと ここ2番釣り場でも釣果を伸ばしたTaichiさんに

「ウェダー買いに行きたぁ~い」と初日の釣を切り上げてもらい

村上市の手前にある量販釣具店にて有機化合臭付きブートフットタイプを1万円にて購入


宿に入ったのが午後5時過ぎでしたか

宴会場兼食堂で隣り合わせた群馬県からの餌釣さん二名と意気投合

彼らもまた結構な釣果を出されてましたが流石に今日の強風には参ってられた様子でした


部屋に戻ると彼らから差し入れの缶ビールが二本

Taichiさん飲みますか?

「グゥ~~~グゥ~~~」嘘ぉ~~~~~

寂しく一人で飲み干しましたが 実に平和な釣りの一日が終了です。


後日に判明したのですが ブログ仲間の「シャケベンさん」

70アップに80アップの釣果 6番にて横目でみたフライマンその人でしたぁ~~!!

手取川でのリベンジを見事に荒川にて達成

お見事でござりまするぅ~~。。(笑)


見事撃沈の二日目の日記書くか書かんか気の向くままに本日はこれにて!!





 
[PR]
by hiramekijijii | 2011-12-06 13:54 | 鮭釣り:祭り
冬用のタイヤでもって向かうのが恒例であった石川県の手取川での鮭釣り

雪に雹(ウッヒョー)たまには雷に槍

何が降ってきても不思議じゃない

そんな北陸のこの時期でしたが 何の迷いも無く今年も夏タイヤで行って参りました。

e0198128_93355100.jpg

e0198128_934770.jpg

来期は奥様のランディングの手伝いが楽しみです
e0198128_9342213.jpg

爺の口元には何故かバツが(汗)

其々が この一瞬のためにこの一年があり この一瞬に何かを感じている瞬間です

また来れた でもって釣れた 年間で限られた釣りの時間

その中で 鮭釣りの出来る時間は僅かです 人によっては 年に一日のみの方も

この至福の瞬間のために 盛夏を除いて毎日のキャス練をしてきました

今年の その釣果は満足過ぎるものでした


何処かでお会いしてますよね と宿の駐車場で見かけた方に声を掛けました

そうそう春先に九頭竜川でお会いしていた方達で

昨日今日の友人の釣果をお伝えしたら 「聞きたいなぁ、その続き!」

と言うことで

急遽仲間内で予定していた宴会が またまた賑やかな宴会に膨れ上がりました

e0198128_9491028.jpg


釣果以上の成果だったと喜んだ 今年の手取川にての鮭釣りのご報告はこれにて。。

因みに初参加の彼等の釣果は二人合わせて8本「出来すぎ!」とはご本人の感想




鮭つりだけに避けて通れない爺の毒吐き

見たくない方係わりたくない方は スクロールは此処でやめてくださいね!!

























e0198128_101548.jpg


23年度の手取川での鮭釣りが取材された最終日の画像は「釣りビジョン」にて放映でしょう

釣り人は杉坂研二氏です 

ローテーションが本流釣りのマナ-だとか講釈たれてられましたが

限られた区間で一日にフライエリア全区間での実釣風景を取材するには必要不可欠な

ローテーションを組むしか手が無かった・・・・んじゃないの?

だから協力してくれませんかと提案されたら

一言「OK牧場」でんがな

それを釣り場に恵まれなかったから釣れん釣り人がいたとか

クーラーBOK二個置いて区間を占有していた奴が居ったとか

本流でのマナーはこうやとかああやとか

理屈こねても 見てる人は見てるんですわ平素の行動のパターンをね

すまん商売でんね 鮭釣れる光景が撮れんと格好悪いし売れんのですわ

と素直に頭下げたら協力は惜しまんのですYo~~!!



私が最も言いたいのは 取材が無ければ不要だったでしょ 「その本流釣りのマナー」

誰かが押し付けるマナーよりも状況を見て釣り人同士が譲り合ったりしてきたのです

本流は本流でも 敷居の低い釣り場であったのですよ

第一に二桁近くつり続けたなら帰れとは言わんがルールに従えっちゅうことね

引数制限も釣人に公平に釣らすためのものですからね

 


足腰の弱い年配者も居るし 親の承諾を得て参加している子供も居ます

老若男女入り乱れる場所に

溺れて死んでも本望みたいな九頭竜フリークがしているマナーを持ち込むな!!です。。。
 
[PR]
by hiramekijijii | 2011-11-27 10:46 | 鮭釣り:祭り
仕事以外に怖いものは一つ、半端なチンピラ

それ以外なら戦うか、退く

平素はいたって穏やかに見えるが、いつ噛み付くかは自分でも予想不能です


物議をかもしている最近のブログにアップした記事

その効能は単純にして明快、そのターゲットが実に評判が悪いことだ

昨日から意識して実名を出さないように考えた

何故ってかいな、噂話も聞き思考回路で自分が見たことか聞いたことか判らん位に入る情報


そこで、さも見たり・・・・・のような記事をアップすれば怖いもの無しなんて言うてもね

やっぱり、そこを突っ込まれる事は避けないと


で本題です

まずは第一に、本流では死にたくない

名前が、土左衛門(どざえもん)」に変わりたくないから本流は嫌ってました


もひとつが、釣っていたらルアーの奴が間に入ったなんてことも聞くし

現に今年九頭竜川で、対岸で釣っていた友人の真下30Mに藪から出てきた中年LMが

キャストを開始、対岸のオラが嫌味を3連発大声で・・・・即効に退散されました


のような話や、あの方が前に入った人に駆け寄り「njgwejdbhoshsdtksだぁほ!」

と言ったかどうだったかは不明ですが、相当怖いような事聞いたり

まぁ、トラブルだらけといっても過言じゃない HONRYU


僕は、みなさんもだろうと思いますがルアーの方も餌の方でも分隔て無く話しかけます

挨拶も率先してします、そこが殺伐とした陣取りの時期の九頭竜川であってでもです



嫌いな理由のも一つに、釣そのものが実に難儀で難解

キャスティングにふぃしんぐ、タイイングに・・・おまけに課題の場所取りでしょ


一歩川に足を踏み入れれば、滑るしポイントが遠いと何歩も立ちこむでしょ

体のちちゃな私は即効に浮きますし、友人との釣り下りなら間隔が狭まれば

間を置いてくれます・・・が基本は後から付いていきますから(笑)


お尻をツンツン、ホテルでネェちゃん玩ぶ様に所構わずやる人も居りますやろ

それと体力に気力、釣りのレベルの低い私が本流を嫌うわけなんですわ。

最近になって、やっとかな本流釣りのスタートラインにつけた還暦の爺ですから


長生きの秘訣は、ここはヤバイと見切れば、そこではやらんことでしょうか


くどいかなぁ、しつこいかなぁ

手取川での鮭釣りは・・・・こんなレベルの釣り人も居ること考えていて欲しいんですよね

ましてやPPPだかAAAだかFFFだか知らんが、そこのマスター何たらいう資格は

技量は確かに不可欠ですが、釣り人の範たる資質も問われるのとちゃいますかね~~~


超限られた区間で、管理者が言うルールに文句言い、挙句には自分の釣り方で釣ると

開始まもなくから川の三分の一まで立ち込む姿は

ただのインストラクターならともかく、ベーションでしたわね!!


やはりくどかった、お許しを!!!
[PR]
by hiramekijijii | 2011-11-24 08:43 | 鮭釣り:祭り
蛸で有名な あの明石ではなく

今年も元気にまた来れました と言う そのあかしである

そんな気持ちも有るのかな 此処石川県は白山市の美川町の宿「沢のや」

宿を利用して 今年で13回目 その宿泊数の合計は gyahhahhahahaha~~~~~

流石に三日目となると出される食事にも秋田県 いやいや飽きてませんわ!

e0198128_8183225.jpg

宿のあちらこちらに何気に配されている「花」は全て宿の女将が野山で自分で採取

そんな部屋で

e0198128_8204334.jpg

e0198128_821147.jpg

e0198128_8211631.jpg

e0198128_8214332.jpg

e0198128_8215775.jpg

e0198128_8222044.jpg


という感じで

e0198128_8224716.jpg


こうなり

e0198128_8231478.jpg


こうなって

e0198128_8233890.jpg


ここまで喰いますか

e0198128_8241217.jpg


しかしながら流石に・・・・

e0198128_8244759.jpg


残した本年ラストの宿での食事でございました。。


気になるは本日川原で見かけ その話し声から愛知県在住のSプロ 明日は取材だそうで

まったく以って此処じゃ通用しない本流釣下りのルールの強要が明日は待っていると思うと

気になって気になって 酔っ払って22時には爆睡と相成り候


これにて今年の手取川にての鮭釣のレポートは終了でございます。

不愉快な事件をブログにて発信いたしましたことを深くお詫び申し上げます

お詫びの印にご報告

どこぞのプロによる手取川鮭有効利用調査会場内フライエリアにての身勝手な仕切り

当日の撮影がスカパーであり「釣りビジョン」のスタッフが同行していた事実から

赤字の両者には爺の本名を以って抗議のメールを送っております

前者には釣り場での許されていない深い立ちこみを無視 釣り場での身勝手なルールの誘導行為

名前と住所の相違による応募と当選の事実 それを黙認した管理事務所のトップの処遇

釣り場でのルールはプロアマ問わず管理者が定めたルールに従わせること

後者「釣りビジョン「への内容は今後の対応によって全てブログにて公開します。


私も下手糞ながら本流にも出向きます そのルールも認識しルールに従っておりますが

誰も彼もが受け入れるには 技量も体力も必要になるルールでしょう

僅か二百mの区間に26名がローテーションを組み 撮影スタッフが川の中に立ちこみ


順調にローテーションなど出来わけも無く 撮影のための環境づくりの側面が垣間見えました

撮影のために釣り場の貸切など方法はあるはずですから

第一に来られるのが判っていたら そんな日には応募はせんけどね

一般の釣り人をさも当たり前のルールだから「ローテーション始めます」なんて今回の誘導が

既成事実として今年の参加者が来期に去年やったからと 訳判らんと良いだしゃ

「釣り場でトラブル」が起こると私はYosou

だからそぐわないアホなルールを持ち込むのはYosou

ただし管理者が定めれば従うのが当然で 800M区間を総勢80から90人が大ローテーション

ギネスに乗るわね あっはっはっは。。



結局は爺の毒吐きに終わった今年の手取川 

原因はただただ最終日の1時間かと思うと残念です!
[PR]
by hiramekijijii | 2011-11-23 09:14 | 鮭釣り:祭り
過激な日記のお陰か毎日毎日エキサイトでのランキングが鮭のぼり

不本意であっても日記を公開したことは結果「本位」と言われても・・・シカタガニャァ~

お詫びの印に

e0198128_7571892.jpg

e0198128_757389.jpg

e0198128_7575673.jpg

e0198128_758161.jpg

e0198128_758322.jpg

e0198128_758451.jpg

e0198128_7585813.jpg

e0198128_75914100.jpg


旅館での連泊で一番迷惑を掛けるのが食事でしょうね




e0198128_805582.jpg


(二日目は一人部屋でのご飯でしたので)チュパチュパと音を立てながら此処まで・・・食うか~ぁ

因みに料理に使われている醤油がリーマンかキッコウマンかは 知りましぇん!!
[PR]
by hiramekijijii | 2011-11-21 08:04 | 鮭釣り:祭り
投稿コメントは全て公開に変更しました            (個人情報の含まれたコメントはお控えください)

e0198128_9103343.jpg


土曜に日曜、月曜日とこの区間に20数人が遊んでたんですよ、もめることなく

10時過ぎにこの状況にした企画は流石ですわ~~~~~。

誰もが望むこの理想的なロ~テ~ションで してやったりと奴等はハイテンション

しかし締め出された10数人はロ~テンションで何処へ~~~~

まぁオラは対岸からこのお宝画像頂戴しましたが。。。。。。。


別段嫌いでもなかった人でしたが、九頭竜でオラの前さに割り込もうもんなら

大きく名前出して、大きく画像もアップしちゃるけんね!!!


気分転換に一枚

e0198128_9221833.jpg


気分治しに

e0198128_9225740.jpg

爺の初日の釣果です。。

使用ロッドはプロコップ15'#8,9,10ですが 胸のワッペンはT&Tなのよね~~~!
[PR]
by hiramekijijii | 2011-11-19 09:23 | 鮭釣り:祭り
わずか2百メートルの区間 実釣可能な範囲は2百メートルをきるような

そんな限られた区間が 今回の手取川でフライマンに与えられた調査区域でした

今年はこんな噂話を耳にしておりました

有名ポイントが散在する有名河川 そんな本流での釣り方「ローテーション」を仕切られたと

多い日で26名のフライでの参加者が居るような状況下において

不慣れな人には「一回投げて3歩下がるだけ、それだけですわ!」そんな説明のみで

当りあり留まる方 トラブルが起こり不慣れな人はその処理に手間取り長く留まります


11月15日今年の手取川鮭釣りの「最終日」でした

受付前に5時に行き 過去に管理者から注意喚起されたことも無い椅子による受付順の確保

私は二番目でした

当日は雨のため 6時に椅子に戻ると別に列が出来ていました

多分「現場を離れたこんな番取り認めん!」とでも思われてのことでしょうかね

初日二日目にはb時過ぎだった受付開始が はじまりません


「何故?」 と思っていると 動画撮影の始まりです「ーパカス」でした

椅子での番取りを無視していた方が撮影対象の愛知のプロだったようです

なにやら先週来た時のローテーションはなれん方が居たから乱れたとか彼の話が聞こえます

「??????」何それ・・・・釣り場の場所取りは調査区域の狭い手取川で

過去から受け継がれている「風物詩」じゃないか 早く来た人の場所の横取りして

「下手糞が居ったから ローテーションが乱れ 1時間半も並ばされた」

そんな迷惑した人も出た

要約すれば こんな話です。。


受付時には当然 順番どおり二番に済ませ そのプロに「お先です!」と申しましたが

「・・・・・・・・」返答なし

釣り場に近い道路際に車を止めましたら ワゴンが脇に寄せる事も無くとまり 二人がそそくさと

下の釣り場に向かいます


多分はじめるだろうローテーション「瀬の下手」に入れば、まさか組み込まれないと釣座を決め

一番のヒットポイント「石で作られた生簀」の前後に彼らは釣座を構えています


Sプロさぁ~ん「今日もローテーション組まれますか」と確認をしたら

時間が来たらやるような曖昧な返事

「私不慣れでローテーションには参加しませんから、邪魔ににならん上手に入ります!」

・・・・・・

・・・・・・

話は続きますが、まぁ技量の低い爺でも楽しかった手取の鮭釣でしたが予定を切り上げ

9時過ぎに不愉快な最終日を終了しました

話は続けますよ、仕事の開始時間に近いので・・・・・何ですが

釣り場で出会った一般の釣り人は気の良い方ばかりでした


今回は「本流のマナー」だからローテーションを強要(断れない状況下でしたから強要と申します)

こんな狭い場所で 管理者でもない人間が ビギナーにさも俺はプロだから

「これが本流釣りのマナーだと言い、仕切る」のも不快だし

釣の開始時刻から 三分の一まで立ち込んだ釣り方も

「岸際のみ許可」がルール

上手の釣り人に迷惑がかかるからと監視員さんが注意されていた初日に二日目

妙に当日は監視員さんは静かで メスの回収は有ったものの オスのカウントも無かった

撮影には協力しますと開始前に挨拶いたしましたが 微妙に疑問を感じ 不快感を感じた

そんな数時間の釣りの日記です

話は続けますが

本日は・・・・これにて!

良いたい事は 「此処でそのルールは如何?」

マナーを表に出すなら じゃぁ その行いは如何なのって事で 誰彼を攻撃する目的の記事では

ありゃせんので 誤解の無いように。。。

京都在住:ひらめき爺


あっ 言い忘れました 当日は誰とも トラブッておりませんので

あっ トラブル回避のために一部文章をやわらかく修正いたしました(10:15am)


投稿コメントの承認制を全て公開に変更しました
   
[PR]
by hiramekijijii | 2011-11-17 09:31 | 鮭釣り:祭り
訳有って削除いたしました。。
[PR]
by hiramekijijii | 2011-11-11 16:33 | 鮭釣り:祭り